キャビテーションという機械

 最近、ターゲットを絞った「部分痩せ」に、キャビテーションが人気となり、大手エステも体験コースに採用するなど話題となっているようです。

 キャビテーションは、ダイエットや運動をしているのにどうしても取れない脇腹や下腹部、二の腕、太ももなどのしつこい脂肪が落ちていく画期的なボディメイキング法として、有名になったようです。

 今回このキャビテーションという機械について、ちょっと調べてみました。

 この機械は、体の外から痩せたい体の部位に対して、特殊な超音波をあて、キャビテーション(空洞現象)を発生させます。

 脂肪細胞内に気泡を作り、脂肪細胞膜を破壊する最新の美容器ということです。

 破壊された脂肪細胞から中性脂肪が放出され、局所や肝臓で代謝後、消費されることにより、脂肪細胞の数が減少していくとのことです。


 あるキャビテーション機械メーカー(アーティスティック西日本)のホームページの記載を書いて見ます。

 ★キャビテーション装置のヘッドに内蔵されたレーザー光について

 キャビテーション・ダイオードレーザーが脂肪細胞のみに効果を発生させますので他の細胞、神経血管を傷つけることはありません。

 ・施術約40秒後…

 (1)脂肪細胞は細胞膜、脂肪滴(TG)、核等で構成されダイエットをしたい部分に超音波で当てることにより、脂肪細胞内に気泡(cavity)が作られます。

 ・施術約2分後…

 (2)脂肪細胞内に作られた気泡(cavity)がどんどん大きくなっていきます。

 ・施術約3分後…

 (3)さらに大きくなった気泡が脂肪細胞を割ります。割れた脂肪細胞から放出された中性脂肪は局所や肝臓で代謝消費されます。

 ・施術約4分後…

 (4)割れた脂肪細胞をRF波でリンパ管へ送り込み、尿や便などと同時に、自然に体外へ排泄されます。

 このキャビテーション マシンは、規模の小さなエステサロンでは、そのまま購入して利用されているようですが、有名なエステサロンでは、独自の機械をOEMで開発したりしているようですので、サロンごとに、それぞれ違うようで、特色があると思われます。

【関連深いページ】

 ★有名エステの「キャビテーション体験コース」を比較


 (注記) 「キャビテーション( Cavitation )」とは、液体の流れの中で圧力差により短時間に泡の発生と消滅が起きる物理現象で、空洞現象とも言われる。(出典Wikipedia)ということだそうですが、専門用語の単語解説では、むつかしくてちょっとよく解りません。








簡単ダイエット事典索引
 
PR
 

Copyright(C) 2007- 1億人の簡単ダイエット事典 Allrights reserved.