日本人の糖尿病は、2型だと云われる


【サイト内関連ページ】
糖尿病とは? ●糖尿病の症状と改善モニター募集 ●糖尿病とコレステロールの関係


 日本人の糖尿病は、2型糖尿病ということである。

2型糖尿病は、インスリン分泌能低下(日本に多い)と感受性低下(欧米に多い)の二つを原因とする糖尿病である。

一般的に「生活習慣が悪かったので糖尿病になりました」と言う場合、日本人では、この2型を指す。

 欧米では感受性低下(インスリン抵抗性が高い状態)のほうが原因として強い影響をしめすが、日本では膵臓のインスリン分泌能低下も重要な原因である。


 少なくとも初期には、欧米型の感受性低下では太った糖尿病、日本型のインスリン分泌能低下では、やせた糖尿病となる。

 遺伝的因子と生活習慣がからみあって発症する生活習慣病で、日本では糖尿病全体の9割を占める。

2型糖尿病が発症する原因は完全に明らかではないが、遺伝的に糖尿病になりやすい体質の人が、糖尿病になりやすいような生活習慣を送ることによって2型糖尿病になると考えられている。

 遺伝的な原因としては、遺伝子上の配列の違いによって、同じような生活習慣を送っていても、ある人は糖尿病が起こりやすく、別の人は起こりにくくなるという違いがあることがわかってきている。

また、日本で多く見られるインスリン分泌能低下を主要因とするやせ型糖尿病の原因遺伝子として挙げられる、日本人から発見されたこの遺伝子上の危険因子となる配列は、欧米人にはきわめてまれであると報告されている。

 いっぽう糖尿病になりやすくなる環境因子としては、圧倒的な危険要素として、肥満が挙げられるほか、喫煙、運動不足などがある。

(Wikipedia から、「日本人の糖尿病は、2型」部分を引用。 )








簡単ダイエット事典索引
 
PR
 

Copyright(C) 2007- 1億人の簡単ダイエット事典 Allrights reserved.